熊本県 熊本市 不動産 コウナン・レクセル

不動産に於るニュースと解析並びに 熊本及び九州エリアの不動産動向をリポートします。

フォーメーションpart8

profit and loss:

損益の意味ですが・・・・・収益の一番、大事な所で、勘所の゛佳境゛といってもいいと思います。
不動産の収益物件に於いては、その収益は収益額ではなく、「収益率」であると云う事です。
収益率と云うと利回り・・・何%と云う発想になりますが、それは一つの要素であって、オーディナリィティーインカムとROAの%、それにリスクプレミアムの%、の三点セット・・・・です。
この三点セットの「率」が=「収益率」となります。

従来はリスクプレミアムを比較的低い値でアカウントするケースが多く、極端な場合、意図的にリスクプレミアムを飛ばしてビジネス・・・何て事が散見されました。
又、それが許容される時代でもありました。

今後は様々な社会環境の変化(リスク)を織り込まなければなりません。

その時点に於いてのP/L的な数値(収益)が良好であっても、リスクプレミアムは考慮されませんので、良好な数値(収益)が継続されるとは限りません。

投資にはリスクは付き物ではありますが、従来のリスクと違う・・・・新たな異質なリスクです。
リスクテイク=利益・・・といった「感と度胸」が通用する様な大風呂敷的な時代ではありません、少なくともプロの世界では通用しません。

何らかのリスクヘッジができるかどうか、プレミアムが許容できるかどうか、一定の収益にコミットが付与されているか・・・・が勘所です。


~次回より「リスク」について~









































スポンサーサイト

FC2Ad