熊本県 熊本市 不動産 コウナン・レクセル

不動産に於るニュースと解析並びに 熊本及び九州エリアの不動産動向をリポートします。

フォーメーションpart7

収益の勘所:

投資をハイリスク・ハイリターン、ローリスク・ローリターン或るいわミドルリスク・ミドルリターンで収益を得るのか?
・・・・とよく云われますが、収益に於けるスタンスは実際は様々で、上記の表現でいきますと
ハイリスク・ローリターン、ローリスク・ハイリターン、ミドルリスク・ローリターン等いろいろの投資スタンスがありバリエーションは多いのが実際です。

ハイリスクなポジションであれば当然にショートタームの投資であり、ローリスクであればロングタームのインベストスタンスと云うのがセオリーと云えます。
(一般の方が不動産投資を行う場合は、このローリスク・ローリターン且つロングタームと云うのが
レギュラーな投資だと云えます。)

ミドルリターンを狙うのであれば、リスクをヘッジする事になります。
シンプルな方法としては、ハイリスクポジションとローリスクポジションを各々50%ずつ、リスクテイクしミドルレンジで投資すればokで、これをオープンandクローズを繰り返し行う事がポイントです。
繰り返す事で確率を得る事ができます。・・・・サイコロと同じ理屈で単純です。
(reit等を組み込む事でレスポンスが得られます。)

次に不動産投資の場合、投資タイミングが重要なポイントで特にレバレッジをハイテンションで効かせる場合はノンリコースでのファイナンスが前提での組み立てとなります。
逆に云えばノンリコースでのスキーム、或るいわ環境が整なわなければレバレッジ効果の投資タイミングではないと云う事になります。

サブプライム・・・以来、ノンリコースでの調達は若干困難さを伴いますが、対象物件の精査、判断能力を持ち合わせている金融機関は邦銀でも結構あります。

~次号も収益の勘所です。~



























スポンサーサイト

FC2Ad