熊本県 熊本市 不動産 コウナン・レクセル

不動産に於るニュースと解析並びに 熊本及び九州エリアの不動産動向をリポートします。

一客再来

立秋をすぎると、よくしたもので、すこ~し朝夕の空気が違いますね。
何か空気の味が変わるんですね~
そして栗の実もすこやかに、大きくなってきましたね~徐々に自然の景色も変わっていきます・・・。

「過ぎ去りゆく夏」のプロローグってとこでしょうか、何か寂しい感じもしますね~

そんな中で、北京オリンピック、真っただ中ですね、世界中の多くの人の「熱い感心」が北京に集まっています。
選手も応援する人も悲喜交々。いろいろありますが、オリンピックはやはり、最高のイベントですね、いいですね~。

WORRY!
オリンピックの陰で大変気になる事が勃発しました。
グルジアとロシアの紛争、ちょっと気になりますね、
この事は偶発的な紛争ではなく、いずれ勃発するであろうと懸念されておりまして、今にして起こるべくして起こった紛争です。

このグルジアとロシアの紛争は大変複雑、且つexpanded struggleの可能性大ではないでしょうか
グルジアの歴史、旧ソ連との関係、それにヨーロッパ全土、アメリカ、間接的にアジアetc・・・

そして全世界が何らかの、或るいわ、いずれかのポジションをとらなくてはならない事になる可能性があります・・・・。

アメリカは一早く、人道的支援と云う表向きで派兵しました。
アメリカにとって対イラク、対イランorアフガンとは全く違う意味合いがあります。

当然、ロシアにおいても引き下がれない、資源に関わる地政的事情とロシアの歴史感があり、そしてそれをバックアップする「資源経済」と云う強いバックボーンがあります。
言い換えれば、そのバックボーンが整ったからアクションを起こした・・・満を持してではないでしょうか。

そう考えると、世界的に「ネガティブ」と「ファイティング」の時代に、は入ったかもしれませんね。

今後、日本はeconomyとpeaceだけでは・・・・どうでしょう・・・・difficultyとも考えられます。
いみじくも、北京で二冠に輝いた北島選手がレース前のインタビューで・・・・・戦争をやる気持でレースに臨まないと勝てない、と云っていましたね・・・・・いろんな意味で大変、意味深い、心に深く残る言葉でした。

~現実を見据えて~
スポンサーサイト

FC2Ad