熊本県 熊本市 不動産 コウナン・レクセル

不動産に於るニュースと解析並びに 熊本及び九州エリアの不動産動向をリポートします。

June date:7

今朝の日経に"「観光、カジノ」を切り札に"の見出しで九州・沖縄で観光地活性化の切り札として「カジノ」の設置を検討しているとの記事。

大賛成ですね。
個人的にも地域の活性化と云う意味から大変、興味深く思っておりました。
その一番の理由としてダイナミックな「経済効果」が期待できるからです。

記事のなかにも仮に、ハウステンボスに「カジノ」を誘致、設置した場合、年間の経済効果は
なんと千百七十六億円にものぼるそうです。
雇用の面からも約一万一千人の雇用創出が見込めるとの事です。

その検討候補地として、前述のハウステンボス、宮崎のシーガイア、那覇の謀ホテルとの事のようですが、総合的な諸条件をクリアーでき且つ地域的効果のポテンシャルを持ち合わせているのは「ハウステンボス」でしょう。ぴったりはまるのは! 全国的にみてもハウステンボス以外ないと云ってもいいと思います。
そして九州全域に波及効果が生じる事になり、九州のユーティリティー的バリュウーがアップするのは灯を見るより明らかです。

ラスベガス、マカオ、チェジュ等、いずれも昔のアングラ、ダーティー的イメージは全くなく、今はファミリーでエンジョイする、テーマパーク化しており、その面からもハウステンボスはOKですね。
本当に楽しみですね。


前回のブロ具に書きました、不動産投資うんぬんに対するメイルを沢山いただきましてありがとうございます。

我々、自称プロの不動産プレイヤーのノウハウを少し、小出しにしますと・・・・

その戦略とポリシー或るいわベンチマークは、付加価値の内容・独占的要素orニッチ的要素・オペレーションコスト・ファイナンシャルキャパシティー・社会的な整合性・エリア内の競合力と流動性等々のアナリシス、、、ざっとこんな所でしょうか・・・・ほんとに小出しでスイマセン。
詳しくは・・・・メイルにてご返信しておりますので、ご覧下さい。

今から「お通夜」にてこのへんで失礼します。・・・・・・。




スポンサーサイト

FC2Ad