熊本県 熊本市 不動産 コウナン・レクセル

不動産に於るニュースと解析並びに 熊本及び九州エリアの不動産動向をリポートします。

「信託」

いよいよ梅雨明けでしょうか、連日暑い日々が続きます。

先日のマレーシア航空のミサイルによる撃墜・・・心配されていた事が悲しい現実となってしまいました。
輸送機との誤射とは云え、ロシアの対応如何によっては、日本も含め世界の情勢は一変する可能性があります。
旧ソ連によるコリアンエアー撃墜の時と世界情勢、経済関係等の趨勢が違い、特に今回は中国がほぼ間違いなく、直接或るいわ間接的に関係してくるのではないでしょうか(国連の場で)・・・・そうしますと軍事化に発展する・・・・十分あり得る事だと思います。
そうならない様・・何が何でも政治解決で決着しなくてはなりません。

さてタイトルの「信託」ですがご存じの通り「信託」には、営利目的の商事信託(信託銀行、信託会社等)と非営利である民事信託の二つに分類されます。
そして「信託」の種類としては、

○自益信託
 委託者が本人➡受託者(専門家)➡受益者(委託者本人)
○他益信託
 委託者➡受託者(専門家)➡受益者(第三者)
○自己信託
 委託者➡受託者(委託者本人)➡受益者(第三者)
○目的信託
 委託者➡受託者(信託銀行)➡受益者の定めなし   ※善意目的の公益信託等

・・・・とまあ色々の類型、形態がありますが、
通常、一般的に信託=遺言➡信託銀行、とイメージされる方が多いと思います。
只、信託銀行の「遺言信託」は信託法で云う信託ではなく信託銀行の一つのサービス商品といえます。
まったく別物と理解されて下さい。
例えば訴訟になった場合は信託法ではなく一般的な民事訴訟と云う事になり少し厄介になるものと思われます。

それで信託銀行の遺言信託の業務内容と費用を概略述べますと、
遺言の作成、その作成した遺言の保管そして遺言の執行です。
費用はまず設定時に概ね数十万(50万~80万程度)
遺言の執行の段階になりますと一般的に約300万ぐらいはみておかなくてはなりません。それ以上に費用がかかるケースも
結構多いと思われます。

そしてここからが味噌なのですが、債務を控除しない(無視)、資産総額での報酬計算になり、債務がある場合の(純資産)控除をしません。不合理ともいえます。
又、減殺請求・トラブル懸念のある事案は引き受ける事はありません、登記については別途費用がかかります。

以上の様な事を考えると利用価値があるのか?考えなくてはりません。

そこで一考。「民事信託」です。

いろいろバリエーションがあり、信託銀行等の「商事信託」に比べると費用も含め使い勝手のいい「信託」と云えます。

次号、民事信託の具体例を述べたいと思います。































スポンサーサイト

FC2Ad