熊本県 熊本市 不動産 コウナン・レクセル

不動産に於るニュースと解析並びに 熊本及び九州エリアの不動産動向をリポートします。

2014W杯

いよいよ決勝トーナメントに入りましたね
ブラジルがチリにPKにて辛勝。

今回のW杯予選でイングランド、ポルトガル、イタリー、スペインが敗退・・・ザックジャパンも残念ながらレベル以下である事が確認できました。
敗因を各コメンテーターがいろいろとメディアに発していますが、各国のチームをみて・・・・検めて感じるのは、一言でいえば身体能力の差・・・体幹、俊敏性、骨筋力そして、それに伴う動物的集中力・・・ボールという「矢」をゴールという「獲物」に射ると云う感覚・・・・メンタルとは全く違う次元・・・のような気がします。

4年後に本気で世界レベルを目指すのであれば純血主義では到底無理・・・・血が混じり合わないとスコアという獲物は得られない様な気がしますね~
その事を一番痛切に感じたのは監督のザックだろうと思います。
おそらく試合中にある種、冷静に見ていたと思いますし、どこまでこのチームが通用するのかを。そしてそれを確認したと思われます。
(それくらいの度量がないとナショナリズムがぶつかり合うシチュエーションでの采配はできない・・と思います。)
その表れとして、選手に対し「再度メンバーを組む事があるなら同じメンバーで臨む」との表現をしています、「労い」の言葉です。
それも最大限の「労い」です、勿論、ザックも本気で労っているわけですが、あくまでも「ここまでよく戦った」という「労い」で、本気で「同じメンバー」でなんて思う筈がないわけです・・・本気の「リップサービス」の言葉という事です。

4年後・・・・スピードとパワーがさらに上る、世界のレベルに対応できるメンバーが組めるか・・・・。

サッカーほど世界にフェアーなスポーツはないですね~いろんな意味で~
だから世界の人が熱狂するのでしょうね。熱く。




















































スポンサーサイト

FC2Ad