熊本県 熊本市 不動産 コウナン・レクセル

不動産に於るニュースと解析並びに 熊本及び九州エリアの不動産動向をリポートします。

・・・・・売買代金の間違い・・・・・

縮小
残暑が厳しいですね~
とは云っても夏のピークの陽ざしではないですね~
強く感じられる太陽の光も「秋」の陽ざしをともなっております。
確実に日、一日と秋の気配を感じますね。

不動産売買に於ける固都税(固定資産・都市計画税)の精算において売買契約書上は
公租公課は負担割合による精算となり、売主サイドの場合何がしらかの精算金を買主サイドより
受け取り納税するわけですが、
税法上は売主が買主より受け取った固都税の精算金は売買代金とみなされます。
例えば売買代金1,500万、固都税精算金10万の場合、売買代金は1,510万となります。

当然、税務申告する際は1,510万の譲渡金額となります。
買主も同様に1,500万ではなく1.510万で購入した事になります。
事業用不動産等の金額が大きい取引の場合、固都税もそれなりの金額になりますので注意が必要です。
民法の解釈と税法の解釈は違うのです。

~大好きな夏が日、一日とすぎ去りゆく~ちょっとさびしいかな。







































スポンサーサイト

FC2Ad