熊本県 熊本市 不動産 コウナン・レクセル

不動産に於るニュースと解析並びに 熊本及び九州エリアの不動産動向をリポートします。

・・・とある相続対策の話のつづき

・・・いろいろと考えた結果、相談をお引き受けする事にしました。
やはり業務上、お客様あっての仕事ですから、その原点に基ずいて考えれば、何もナーバスに
考える必要はない訳です。

早速、作業開始、まずは資産の把握です。
大まかに金融資産と不動産資産の把握それと借入等の負債・・・金融資産と借入による負債は簡単に分かるのですが
相談の主体である不動産の評価が最も大事な作業です。

今回の場合35筆の土地と建物8棟があります。
さあ~これから仕分け作業です。

土地:更地・建付け地(自用)・貸家建付け地
建物:居住用の建物・貸家(アパート含む)

それらの一応の評価は固定資産税評価と路線価による計算で目安となる評価数値は一応確認できます。
が、これは一応の目安としての評価であり確定的なものではありません。

ここまでは机上の作業で大して時間を要しません。

ここからが本番です、全ての土地、建物の現地調査です。
調査の内容を記載しますと大変、長~くなりますのでハショリますが、一筆ごと、一軒ごと詳細に調査致します。
特に土地については、簡易測量も行いました。
何故かと云うと、後の評価に影響する事が明らかに確認できたからです。

・・・・現地調査開始後一週間、やっと評価できる基礎資料が揃いました。

・・・そして、ほぼ正確な相続に於ける評価金額が把握でき・・・検討・・・には入ります。

・・・つづきは次号にて・・・



























スポンサーサイト

FC2Ad