熊本県 熊本市 不動産 コウナン・レクセル

不動産に於るニュースと解析並びに 熊本及び九州エリアの不動産動向をリポートします。

よき時代へのプロローグ(Ⅲ)

先日のサッカー東アジア選手権、韓国に残念ながら完敗でした。
3-1という結果で日本はPKの1得点と云う・・不がい無さ・・でもありました。

又、バンクーバーでメダルが期待できるのは、辛うじて男子スピードスケートとノルディックぐらいでしょうか
女子モーグルの上村 愛子選手、メダルに一歩届かずで・・涙する場面が画面から流されました。
競技終了直後の彼女のコメントで・・「何で、何で私は一歩ずつなんでしょうか~」あとは涙・涙・・・・。

酷な云い方かもしれませんが、結果を掴めず敗れて涙している様では恐らく今後も勝てない、メダルは取れないでしょう。
女子といえども競技として参加している以上、一人のコンペッターです。

スポーツ以外のあらゆるシチュエーションにも於いても云えると思うのですが・・
「涙」と云うのは「他の人」の災いや感動に対して流すもので、自分自身の事で自分自身に流すのは子供だけです。
大人の世界ではいただけません。
政治家にも過ってありましたね・・公然とメディアの前で涙しながらのシーン・・OUTですね・・。
結果、政治家として陽の目を見るポジションには着けませんし今後もそうでしょう・・。

ちょっと話がよこ道にそれましたが・・スポーツの世界で共通する点が一つ。
サッカーにしろオリンピックにしろ、団体競技で且つ「ナショナリズム」色の強いスポーツで
メダリスト、勝者となるのは「経済力」と「軍隊」を持つ国家であると云う事です。

どちらかの一方が欠けた国家は偶然の勝利はあるかもしれませんが、殆ど勝者と云うステージはありません。
ましてやいずれも欠けた国は参加する事はあっても勝つ事はありません
・・・これが現実です。  ※(ペースボールは国際的にはメジャーではありません)

いわんや「政治と経済」、国益を賭けての国家どおしのオリンピックゲーム・・と考えればどうなんでしょう・・

日本は充分な「経済」は持ち合わせがありますが、もう一方のものがあるようで、ないようで・・
今後も持つつもりが有るのか、無いのか・・わかりません。
コンセンサスの問題なのか、レジュ―ムの呪縛なのか・・

思うのですが、もうそろそろハッキリ議論すべきではないかと思います・・国家、国民の為に。

経済の方策だけを案じ、議論しても根本的な解決には結びつかないと云う事を薄々と感じてきている人が
増えてきているのではないでしょうか。
国家として国民の「安全な生活を護る」と云う事を、堂々と議論すべき時、ではないかと思います。

プラザ合意以降、本格的にグローバル経済に突入し世界の中で更に深く、広く且つ、アクティブに経済活動を
展開していかなければならない状況で、その本質から眼をそらしていてばかりでは展望が開けないのではないでしょうか。
経済力を充分に発揮する為には、軍事力(防衛力)と云うバックボーンが絶対的に不可欠である・・と考えられ、
平和をキープする唯一の手段であり且つ、世界平和を問うのであれば、all the moreです。


通常国会に於いての、鳩山首相の「国民の命」と云う言葉は、受け取り方にもよりますが、その「志」の意味もある、と受け止めた人は
結構いらしゃるのでは・・と思います。


少しハードな内容になりましたが、次回の「よき時代へのプロローグ」の切り口は
大好きな「ぬか漬け」にしたいと思います。


~次号にて~

  
スポンサーサイト

FC2Ad