熊本県 熊本市 不動産 コウナン・レクセル

不動産に於るニュースと解析並びに 熊本及び九州エリアの不動産動向をリポートします。

お金の話し。

今日は、年が明けて、27日目です。早いですね~。
出来れば、一日が24時間ではなく30時間ぐらいあれば助かるのですが?
特に冬場の一日は感覚的には短いですね~。

さてタイトルの「お金の話し」ですが、世の中、"貯蓄から投資"の時代へと
盛んに云われ、新聞、雑誌、テレビCM等で連日アナウンスされています。
又各種 投資信託のセミナーなんて、あっちこっちで開催され大変、盛況との事です。

そらそうですね、預貯金に付く利息、この上なく素晴らしいですね。
又日銀も「利上げ」見合わせで、「素晴らしさ」を盛り上げます。
お見事です。

だけど世界中、どこを見回しても国家と云う概念が存在する所(イスラム以外)
で、殆ど0に等しい金利を何年も続けている所はないみたいです。
西欧では通常の預金金利は4%~6%。 なんか、おかしいですね!??

ここでは詳しくは書きませんが、預金者の皆様は、明らかに搾取されています。よく調べてみて下さい。"自己責任、自己防衛"の時代です。
もう日本は"全体主義"ではないはずですから。

ちょっと小話・・・・・・

あっしの、この一万円札を、どなたか買って頂けませんでしゃろか?
だけど、どんなに安くても一万一千円以下では売りませんぜ、勿論、御代はキャッシュで頂戴ね、、、、
如何でしゃろか、、、、、、、、
そうどすか分りました、どなたも買ってくださらねぇ、、、、、、
んんんん、じゃあ持ってけ泥棒で 一万五百円でどうでっしゃろ????
えっ~これでも川内じゃなく買わない?? んな事ないでしょう!殺生なア~
こちとら赤字出してまで売ろうってぇのに、ええ!・・・・・・・おわり。

解説:この売主、詐欺師でもなんでもありません。真っ当な金融マンです。
例えば、私がここに一万円を手にするとします。
私が一万円という「札」を手にする為にはコストが、かかります、
資本コストの理論から、常識的に500円~600円のコストは要します。    ですから私も、単純に10,500円~10,600円以上で売らないと赤字です。   金融の世界での常識です。
が、金融の世界の常識は一般社会の非常識です。
上記の小話の売り手は一般社会ではバカものです。

所が、今の金融の常識は限りなく資本コスト・資金コストが0、ゼロに近いコストで莫大な利益を上げている訳です。

ですから世界の正常な金融市場から見た日本の金融市場はこれ又非常識です。
常識ある預金者・パースンは非常識・異常な金融政策に搾取されていると考えられます。    
 
※一般ビジネスの世界では、この「お金」を元に、このお金を商品に変え、商いをし  一般的には一万円前後の「お金」が一万二千円ぐらいになり諸々の経費を差し引き、五百円前後が税引き前の利益と云う所でしょうか。

    
Be good Sunday!

 
  
    

スポンサーサイト

「そのまんま東」氏  Congratulations!

本名「東国原 英夫」氏 今後の活躍にエールを送りたいと思います。
以前は、確かにタレントではありました。しかも「お笑い」タレントでした。
が、それは過去の事であります。

東国原氏、「真剣ですね。」「ひたむき」ですね。
インタビューの中で「暮らし」を支える「行政サービス」と云う言葉が何回も出てきます。大変、意味のある言葉です。
それは行政としてあたり前の事。
ではあるのですが、そこは建前と本音、しがらみの世界です。

建前としては言えますが、本音としての実行は中々できないものです。行政側、主の県民にとっても、互いに、かなりの痛みを伴なうからです。
大半の地方自治体がそうである様に、今後の「地方行政」「主としての県民、道民」、贅肉を削ぎ落とし、その痛みを共にしなければならないからです。

北海道 夕張市 対岸の事ではありません。

もう一度言いますと、県民の「暮らし」を支える県民による「行政」と県民の為の「行政サービス」、将来的に大変意味の深いそして大変重い言葉です。

が氏の場合は、その事を実行するしかない訳です。
宮崎県民の方は将来を見据えた、勇気ある賢明な選択をなされたと思います。

俗に云う「タレント議員」は政党に担がれて、議員になる人が殆どで、その人の知名度を利用し「数合わせ」に使われるだけで、政治活動なんて期待されてません。又、事の責任をとるなんて云うシチュエーションもありません。

氏の場合、状況が違います。自ら飛び込んだ地方行政の首長です。
又故郷である宮崎です。
自ら命を捧げなくてはなりません。その事を氏は「覚悟」「ミッション」しているように看てとれます。
又、氏は成し遂げるものと思います。

宮崎県の今後、国、他の地方自治体への影響は大きいと思います。

                          Later

iPhone

出ましたね。iPod携帯の「iPhone」。携帯電話の概念が変わります。
さあ、これから携帯電話事業者、マイクロソフト、家電メーカー どのような戦略、どのような端末機を出すのか大変、楽しみです。これからが本番です。

この「iPhone」ただの携帯電話ではありません。
「手のひら」にのるコンピューター、パソコンです。
又、TV、DVD再生、ミュージックプレイヤー機能いずれも画質、音質、操作性 OKみたいです。キーボタンがなくタッチパネルというのもオシャレですね。

ともあれ、www.apple.com/iphone/にアクセスしてご覧あれ。間違いなく欲しくなります。

残念ながら日本での発売は来年になりそうです。※規制があるからです。

今日のブロ具はこれで、おわりにしようと思いましたが、少し短いのでチョット付け加えますね。
面白くない「税」の話しで恐縮ですが・・・・・

減価償却が一部、改正になります。
現行の償却可能額は取得価格の95%が限度ですが、今年の4月1日以降の資産取得の減価償却可能額は{取得価格-1円}の計算になります。
1,000万の建物を取得しますと、9,999,999円が償却可能となります。

取得金額が大きくなれば結構、償却メリットはあります。
例えば不動産でいえば、収益物件です。購入をお考えの方は4月1日以降かその以前かによって収支、キャッシュフローは変わります。

当然、4月1日以降に購入した方が、キャッシュフロー(手残り金)は増加します。
4月1日以降と4月1日以前とでは、約10%違ってきます。
10%は大きいですね!!

又設備等の定率による償却率も改正です。
現行よりも当初の償却額が約20%の増加になります。これ又大きいですね!!

シミュレーション上は2月、3月竣工予定のアパート、既存の賃貸マンションの購入等は4月1日以降に取得した方が有利な事は明らかです。一考も二考もする価値は云うまでもありません。

賃貸マンション、アパート経営の妙味の一部は「減価償却」です。
減価償却はアパート等の稼動率に関係なく収支に反映されますので
重要な要素といえます。

償却額が増加する=手取額増加 大変ありがたい改正です。


じゃあ今日はこのへんで。「iphone」来年まで待てませんので、今から早速、netで注文してみます。※電話機能が未だ使えない事は承知しております。

                             再口。










January. 7. 2007 

新年あけましておめでとうございます。
今年もいい年になりますよう、皆様とともにアグレッシブに日々活動していきたいと思います。
又、更に皆様のお役に立つ色々の情報を掲載していきたいと考えております。

本年もスタッフ一同、宜しくお願い申し上げます。

FC2Ad